写真とSNSは分けて考えなければいけない理由【SNSで陥りがちな罠】

写真とSNSは分けて考えなければいけない理由【SNSで陥りがちな罠】

こんにちは、タナハシケンです。

SNSに写真を投稿するのはとても楽しいことだと思います。

たくさんのいいねがもらえると嬉しいですよね。

しかし依存しすぎるとつらい思いをするのもSNSです。

今回はSNSと写真を分けて考えなければならいというテーマで話をしていきます。

SNSで陥りがちな罠、写真とSNSは分けて考えなければいけない理由

SNSで写真を投稿するときは以下のことに気をつけないと痛い目に合うかもしれません。

1.目的を見失う

SNSで写真を投稿している人の中にはSNSを長く続けているうちに本来の目的を見失ってしまうことがあります。

ただなんとなく暇だからという理由を除いて、何か目的を持ってSNSを始める人が大半だと思います。

・成長の記録として投稿する

・仲間と切磋琢磨して写真が上手くなりたい

・写真仲間を見つけて交流がしたい

・プロのフォトグラファーを目指すために発信活動をしたい

・インフルエンサーになりたい

など、人によって様々な目的があることでしょう。

目的を見失った人は常に承認欲求を満たすことが第一の行動になってしまいます。

常に刺激を求め、気づいたら後戻りできなくなっているかもしれません。

気をつけましょう。

これを避けるためには常に目的意識を持つことが重要です。

2.SNS上でウケる写真を撮るようになってしまう

目的を見失うとどうなってしまうのでしょうか。

SNSでウケる写真を撮るようになります。

撮影中、頭の中はツイッター、インスタグラムに載せる写真のことでいっぱいです。

・派手で映えるロケーションを探そう

・とにかくインパクトがある構図を

・エモいシチュエーションをみつけよう

あなたはSNSの存在が頭をちらつかせながら撮影していませんか?

危険です。

一度頭の中を整理してみましょう。

なぜ写真を撮るのか?どんな写真が好きなのか?

SNSでウケる写真を撮るために写真を始めたわけではないはずです。

3.写真を撮ることとSNSに投稿することは全くの別物

ここまで読み進めてきたあなたは、今どのような意識と目的でSNSと付き合っていくのか考えているはずです。

私は1つの答えとしてSNSと写真を撮ることは分けるべきということを推奨しています。

1.写真撮影時はSNSのことは一旦忘れましょう
2.写真のセレクト時もSNSのことは一旦忘れましょう
3.写真の現像、レタッチ時もSNSことは一旦忘れましょう
4.プリントして部屋に飾る、直接人に見せる、ホームページに載せる、コンテストにだすなどSNSにアップする以外の楽しみ方を考えましょう

とにかく忘れましょう。

忘れてSNSとは関係ない写真の楽しみ方をしましょう。

そして次にSNSを考えるときは脳を切り替えて、

1.SNS用にセレクトしていきます。
2.SNS用に現像、レタッチしていきます
3.SNS用に写真を組んでいきます
4.アップします

 

とにかく赤い枠青い枠のプロセスは分けて考えます。

そうするとSNSありきで写真を撮ることはなくなります。

SNSのことを考えるのは撮影が終わってからにしましょう。

写真を伸ばす方法はいくらでもあります。

まとめ

・目的意識を持つ

・撮影中はSNSのことを忘れて楽しむ

今回ご紹介した方法はあくまでSNSで悩んでいる人向けです。すべてを同列に扱っている写真家さんはご自分のやりかたを貫いてください。

 

この記事の作者をフォローする

コラムカテゴリの最新記事