Photoshopはマスク機能を使いこなせ!マスクの使い方を解説

Photoshopはマスク機能を使いこなせ!マスクの使い方を解説

こんにちは、タナハシケンです。

今回はPhotoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクという機能について解説します。マスク機能を覚えると画像編集のレベルが上がります。是非習得してください。

Photoshopはマスク機能を使いこなせ!マスクの使い方を解説

マスクという言葉を一度は聞いたことがあると思います。実はLigtroom(ライトルームで)でもマスクを作ることができます。部分補正をするときに使う補正ブラシですね。確認してみてください。

しかしライトルームではざっくりとしかマスクを作成することがでません。フォトショップではより詳細にマスクを作成することができます。

この記事ではフォトショップのマスクの概念から、実際にどのように使うのかまで詳しく解説します。

レイヤーマスクとは

マスクとは画像編集(加工)の際に不要な部分をマスキングする機能です。
と言っても分かりづらいですよね。

マスキングテープはご存じですか?
塗装などの時に作業箇所以外を汚さないようにするために貼るテープのことです。
マスキングには「覆い隠す」や「包み隠す」という意味合いがあります。

つまりマスクとは画像加工の際に不要な部分を隠す機能です

だんだん分かってきましたね?でもまだピンときてないと思います。

不要な部分を隠す?どういうこと?
それでは図解してみます。

これがレイヤーマスクのイメージです。マスキングテープに例えると、白い部分が塗装する部分黒い部分がマスキングテープで隠した部分です。

 

以下の写真にレイヤーマスクを重ねてみます。

 

このようになります。

 

イメージとしては以下のようになります。黒い部分が不要な部分ですので、白い部分だけ表示されます。

これがマスクの概念です。処理としては画像の切り抜きと似ています。

次にマスクの作り方と使用方法についてご説明します。

 

マスクの作り方

再び以下の写真を使います。

マスクの作り方は簡単です。
1.選択範囲を作る
2.マスクを追加ボタンを押す

 

まずは長方形選択ツールで正方形の選択範囲(shiftを押しながらドラッグ)を作成します。

 

レイヤーパネルでマスクを適用するレイヤーを選択した状態でマスクの追加ボタンを押します。

 

すると写真の横にマスクが追加されました。前の章で説明したマスクの概念を思い出してください。黒い部分が覆い隠している部分です。

 

結果は以下のようになります。黒い部分は覆い隠されて、白い部分だけ表示されます。

 

ちなみにマスクを編集したい場合は、追加されたマスクを選択してCtrl(command)+左クリックすると、

 

再び選択範囲が現れます。覚えておいてください。

 

マスクを非表示にしたい場合はレイヤーパネルのマスクを選択した状態で、
右クリック→レイヤーを使用しないをクリック、またはshift+左クリックでマスクが非表示になります。
マスクが非表示になった状態ではマスクに赤い✖印がつきます。画像は元の画像に戻ります。マスクを表示させたい場合も同様な操作をします。

 

複雑な形状のマスクを作成

ここまで読み進めてもマスクについてまだ理解しきれてないかもしれません。
次にどのような場合にマスクを使うのか具体例をお見せします。

レイヤーマスクをつかって花びらの色だけ変更してみます

ペンツールを使って花びらに沿って選択範囲を作成しました(ペンツールの使い方は省略します)。

 

今回は調整レイヤーの色相・彩度を追加し、そこにマスクを適用します。

 

色相・彩度のパラメータを以下のように変更します。

 

花びらの色だけ青っぽく変更できました。このように特定の範囲だけ個別に編集したい場合にレイヤーマスクを使います。

マスクを反転する

次にマスクを反転して背景の色だけ変更してみます。
反転とは以下のようになります。マスクの白と黒を反転させたので、白い部分が表示されて、黒い部分は覆い隠されます。

 

マスクを反転させる場合は、マスクを選択してctrl(command)+iキーを押します。

 

無事マスクを反転させることができました。今度は背景の色が黄緑に変化しました。

 

ブラシを使ってマスクを編集する

もっと高度なマスク編集がしたい人向けに、次はブラシでマスクを編集します。

 

まず花びらにマスクを適用した状態で、花びらレイヤーの下に黒色の背景を置きました。

 

花びらのマスクを選択した状態でブラシツールを使います。ブラシの色を白にして、矢印の方向になぞってみます。

 

ブラシでなぞった部分が表示されて背景の青色が見えてきました。
何が起こっているのかというと白色のブラシでマスクを塗ると、黒色部分(覆っている部分が)が白色に変わって、表示される部分が増えたことになります。

 

マスクだけ取り出してみるとこうなります。ブラシで白く塗った部分が追加されてことになります。

 

今度はブラシの色を黒にしてマスクの白い部分をなぞってみましょう。
そうすると以下のように覆い隠す部分が増えて花びらが一部消えます。

 

このようにマスクはブラシの黒色と白色を使って自由に編集することができます。
ちなみにマスクの色をグレーにした場合は以下のように半透明になります。グレーの濃さによって透明度が変化します。

 

まとめ

今回はマスクについて説明しました。フォトショップ初心者にとってマスクの概念はとても理解しづらいところなので、この機会にしっかりと習得しておきましょう。

次回の記事では別の写真を使って、実践で使えるように解説します。

お楽しみに。

 

この記事の作者をフォローする

現像・レタッチカテゴリの最新記事