【夜にさまよう】時間がないあなたに夜スナップのススメ

【夜にさまよう】時間がないあなたに夜スナップのススメ

こんにちは、ケンタナハシです。

 

「時間がなくて写真が撮れない」

そんな時あなたならどうしますか?

・休日にまとまった時間をつくる
・早起きして出社・出勤前に写真を撮る
・ランチの時間を削る

さまざまな方法があると思いますが、

私がオススメするのは夜スナップです。

夜スナップのススメ

どうしても写真が撮りたい!でも時間がない!

そんなあなたに向けてこの記事を送ります。

 

ちょっと寄り道して闇にまぎれよう

平日に撮りたい!でも帰りが遅くて撮影時間を確保できない。そんな悩みを抱えていても時間を確保する方法があります。

帰宅時間に写真を撮ればいいのです。

最寄駅から自宅まで最短ルートで帰るのではなく、ちょっと遠回りして寄り道してみましょう。

夜風を感じながらふらふら夜の道のりを歩くのはとても気持ちが良いです。

 

 

重要なのは今日1日で起きた出来事を一切忘れて闇にまぎれてみます。

 

頭の中を空っぽにして光を求めてさまよいましょう。

新しい世界が広がります。

 

25分で撮れる夜スナップ

長い時間は必要ありません。

最寄駅から家までの道のりが15分間なら+10分間遠回りしてください。

車通勤なら、車を降りて近所を一周してみましょう。

一駅前の駅で降りて歩いて帰っても良いでしょう。

少しの時間をスナップの時間にあててみてください。

 

 

夜スナップのコツはとにかく光を探す

夜スナップのコツは光を探すこと。

それだけに集中してください。

光とは、

・外灯の光
・住宅や店舗の窓からもれる光
・コンビニやファミレスの光
・車や自転車のライト

とにかくどんな光があるのか歩きながら探しましょう。

 

住宅から漏れる光

 

外灯が車をうっすら照らす

 

遠くの外灯

 

スポットライトとシャッター

 

壁と樹木を照らす外灯

 

これらの写真は全て駅の近くや、自宅までの帰り道で撮影しました。

 

雨や雪の日は非日常の入り口

雨や雪は最高の舞台装置です。

濡れたアスファルトが最高の演出をしてくれることでしょう。

ここでも大事なのは光、そして色。

注意深く観察して撮影しましょう。

 

車のライトと雨粒の演出

 

雨の日は地面のリフレクションを利用する。

 

透明な傘を使ったソフトフィルター効果

ストロボを使って雪の日を撮影

 

外灯と雪が幻想的な演出をする

 

まとめ

・忙しいあなたには夜スナップがオススメ

・夜スナップは光を求めることが大事

・雨や雪の日は嬉しい演出

 

いかかでしたでしょうか?

夜スナップを是非お試しあれ!

この記事の作者をフォローする

写真カテゴリの最新記事