住宅街で撮影するときの5つのポイント

住宅街で撮影するときの5つのポイント

こんにちは、ケンタナハシです。

今回は住宅街で撮影するときのコツを実際に撮ってきた写真を使って解説していきます。

住宅街で撮影するときの5つのポイント

基本的に住宅街でインパクトがあるかっこいい写真を撮ることは難しいです。そして住宅街でうろうろしていると住人に怪しまれる可能性がありますので注意が必要です。

 

以下の5点に気をつけて撮影しています。

  1. 面白い被写体を探す
  2. 光と影を意識する
  3. 多角的な視点で撮れる様にとにかく観察する
  4. できればコンパクトなカメラで撮影する

1つずつ見ていきましょう。

面白い被写体を探す

基本的な考え方なのですが、住宅街を引きで全体を撮影しようとするとありきたりな写真になりがちです。また、家の近所で撮影する場合は特定される情報が含まれているかもしれないので十分に注意しましょう。例えば電柱は注意です。

なのでまずは面白い被写体を探すところから始めます。

・意外なところに落ちているもの

・整列してならんでいるもの

・クスッと笑ってしまうようなもの

 

なぜこんなところに?と思うようなものが見つかるのが住宅街の楽しさ。

 

整列する植木鉢。面白い。

 

何回見てもよくわからないのですが、不思議と撮りたくなります。

 

光と影を意識する

密集した住宅街では光と影がつくるコントラストの差を比較的みつけやすい。

影が落ちている場所を探してみよう。

このような状況を見つけるのが楽しい。

 

木の影が落ちていたらとりあえず撮る。

 

手前の木の枝と、奥に照らされる住宅の明暗の差

 

多角的な視点で撮れる様にとにかく観察する

多角的な視点で撮るためには普段からものをよく観察することが大事です。

どう切り取れば面白く見えるか?を常に考えます。

そのために違和感を感じたらなぜなのか考えてみる。それが大事です。

 

違和感だらけでおもわずシャッターを切りました。なぜか中途半端なコンクリートの壁に像が描かれています。

 

周辺の住宅に対してでかすぎないか?と違和感を感じて撮影しました。スケールの差に注目すると面白いかもです。

 

この写真はなかなか難しいのですが、建物の赤いラインと、DyDo赤いの文字とライン、そして木になっている黄色い実とDyDoの横に書いてる黄色い文字のシンクロ具合が面白いと感じました。

 

できればコンパクトなカメラで撮影する

閑静な住宅街を行ったり来たりしているとそのエリアの住人の方に怪しまれます。

大きなカメラで撮影をしているとなおさら怪しい。

できればコンパクトなカメラが良いです。

ちいさなカメラで散歩ついでに写真を撮っている感を出したほうがトラブルは少ないでしょう。

ごくたまに「何してるの?」と声をかけられることがありますが、きちんと写真を撮ることが趣味であると伝えて納得してもらいます。

 

猫を見つけたら撮れ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

住宅街で撮影するときのポイントは

  1. 面白い被写体を探す
  2. 光と影を意識する
  3. 多角的な視点で撮れる様にとにかく観察する
  4. できればコンパクトなカメラで撮影する

です。怪しまれないように楽しく撮影しましょう。

 

この記事の作者をフォローする

写真カテゴリの最新記事